投資目的の丸投げオーナーは不人気物件の特徴です

人口減少が始まったことで、賃貸物件にも空室が発生することが見込まれます。優良物件は空室が出てもすぐに埋まり、不人気物件は長く空室が続くことになるので、少なくとも投資目的で管理会社や不動産屋に入居者募集から管理までを全て委託している部屋は、住み心地が良いとは限りません。なぜなら、入居者の希望が通ることが無く、管理会社や不動産屋が利益を生みやすい入居条件が組まれてしまうケースすら発生しやすい環境だからです。

オーナーの世代代わりに注意しよう

高齢のオーナーに代わって、子世代がオーナーを受け継ぐことになった場合、賃貸経営経験が無いと管理会社へ丸投げしてしまう人が少なくありません。オーナーの世代代わりによって空室が生まれた物件は、直接管理から管理会社による管理に嫌気がさして生まれた空室というケースが少なくないので、入居後に他の部屋の住人とトラブルになるケースが増えてしまいます。転居しない入居者の中にも多少不満を抱えている可能性があるからです。

オーナーと話す機会があれば優良物件に近づける

管理会社を利用していても、オーナーと契約前に電話口であっても話す機会があれば、人柄や考え方を窺い知ることが可能です。最初から話が噛み合わない状態では、長く住み続けることが難しくなるので、オーナーと電話を繋げようとしない管理会社や不動産屋にも注意しましょう。近年は、オーナーが直接入居者募集を積極的に始めているので、優良物件を探しているならば、一度オーナーが直接内見案内する部屋を訪れてみると、話がいかに通じて優良物件化理解できるでしょう。

江別市の賃貸はとても利便性が高いです。買い物施設が周辺に沢山あるため、買い物環境がとても良好だからです。