まずは土地探しからスタートする

夢のマイホームを注文住宅で建てようと考えているなら、それなりの頭金が用意できるているケースがほとんどでしょう。ある程度、お金のことにめどがついていて、住宅ローンの返済でも安定して返済できるような人が購入します。

注文住宅を建てる際は、施主の想いを形にしていくことができるので、ここを考えることもとても重要なのですが、その前段階として土地がとても重要になってきます。どのような土地が理想的なのか、人によって考え方はことなりますが、住みやすい注文住宅を建てることができる土地が重要です。

具体的には、南道路に面していること、これはとても大切です。いずれ売却することになった時も、南向きの土地は希少価値となってくるでしょう。そして、間口の問題や地盤の問題等もあります。これらをトータル的にみて理想の土地を見つけていきましょう。

いずれ売れるような土地を探す

土地を購入して、注文住宅を建てる場合は、いずれその土地を売ることを前提として購入した方が良いでしょう。安い土地を購入すれば、購入する時はほとんど費用がかかってきませんのでメリットになりますが、これが売るときのことを考えると、もともと安く購入したところなら、それなりの価値しかつきません。

それならば、高い土地を頑張って購入しましょう。土地代が高いということは、それだけメリットがその土地にはあります。ここに注文住宅で家を建ててしまえば、最高の土地と家が手に入ります。少し背伸びをしてでも、ちょっと高めの土地を買っておいた方が良いでしょう。

注文住宅とは、間取り・雰囲気・使用する材料などを自分好みにオーダーして建てる新築住宅のことをいいます。