競売よりも任意売却を選ぶ理由

住宅ローンを組んでみたけども、住宅ローンの返済が難しくなった場合は、競売をしなければならなくなります。競売する場合は、適正価格の半分程度でしか売却されないため、債権者に対して十分なお金を返済できない可能性があります。その場合、債権者に対して借金が残った状態で、住宅までなくなってしまうことから、できるだけ競売は避けた方が良いと考えている人もいます。

競売を避けるためには任意売却をする必要があります。任意売却は、競売の入札が開始される前まで行うことができます。任意売却をする場合、不動産会社に仲介をしてもらいますが、少なくとも競売よりは高く売却することができる可能性があります。その結果、債権者に対して十分なお金を返済できる可能性があり、完全に返済することも夢ではありません。

任意売却の流れはどうか

任意売却は、まず債務者が不動産会社と相談することから始めます。不動産会社も売却が可能そうであれば、保証会社を見つけてくれます。保証会社の役割は、ローンの残額を立て替えてくれることです。ローンの残額を立て替えないと抵当権を取り外すことができません。そこで保証会社は抵当権を外すため住宅のローンの残額を払います。これによってその住宅を売却することが可能になります。当然、不動産会社は住宅売却の宣伝活動します。

住宅が売却されて、無事にお金が入ったら、保証会社にお金が手渡されます。もし、その売却したお金では足りないようであれば、債務者が保証会社に対して返済しなければいけません。

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難に陥り売却する際などに債権者が仲介に入り、不動産を競売にかけずできるだけ納得の行く価格で取引を成立させ債務者・債権者・不動産購入者の3者で売買を成立させることです。